tacky166’s blog

マレーシア生活

9月11日。

一つ勘違いしていた。

前に来月はベトナムへみたいなことを言っていたが実は今週だったwww

来月の4連休と勘違いしてたwww

もう今週の話である。

今週金曜の夜にKLを出て、日付越えた1amにHCM着。

宿をとるか、空港で野宿か迷っている。

んーとりあえずは空港近くの安宿かなー

疲れ取れないし。。。

最近歳だからか朝から夜まで活動出来ない。。。

どこかでお昼寝しないと体力持たない。

もっと若いうちから海外に出ておくべきだった。

勝手な変な偏見で行動を起こさないのは本当に損である。

 

マレーシアの人柄についてだがとてもフレンドリーである。

もちろん大人しいタイプもいるが基本はとてもフレンドリーでみんな笑顔が素敵である。

なぜここの人達の笑顔はこんなに素敵に見えるのであろうか。。。

自分にないものを持っていると魅力を感じるからか?(笑)

ゆくゆくはわかるかな?

良くいえばとてもフレンドリー、悪く言えば人の心に土足で踏みあがってくる。

ちょっと変な言い方だがこれに近い。

でも人の心に土足で踏みあがるってのも言い過ぎな感じがある。

人との心の壁がとても低いように思える。

日本は赤の他人との心の壁はとても高い。

おそらくこれは年々高くなっていくだろう。

 

 

島田紳助の話の中で好きな話がある。

 

 

ある沖縄の小さな島では医者も警察官もいない。

 

そこでは事故が起きない。

 

なぜか。。。

 

家を出て歩けばみんな友達である。

 

この島では島民みんな知りあいであり、大きな家族みたいなものである。

 

だから交通事故も起きない。

 

なぜなら友達や知り合いは傷つけたくないからである。

 

普通の人はそうである。

 

みんなが気を付けて運転するようになる。

 

でもそれが少しずつ大きくなっていくと大きな家族から知らない人が出てくる。

 

大きな家族から赤の他人になってします。

 

知らない人だから傷つけてもいいというわけではないが

注意力も落ちて交通事故も起きて他人を傷つけてしまう。

 

これの延長線上で他人だから干渉しないとかがあるんだと思う。

自分一人だけ変な行動していたら目立ってしまうから とか。

 

小さい頃欲しいゲームがあって、友達はもってるよーって言っても

よそはよそ、うちはうちとよく母親に言われたものである。

それがいつの間にかよそがそうだからうちも、、、となる逆転現象が起きる。

これなんでなんでやねん(笑)

昔から気になったわwww

 

人生一回きりだから僕は自分の欲のままに生きたい。

別に目立ったっていいし、後ろ指なんか刺されてももう気にしない。

面白いと思ったら行動したいし、やってみたい。

カンボジアシェムリアップで狐のお面被ってはしゃぐ日本人は僕くらいであろう。

 

https://www.instagram.com/p/BMh_AMTh1Ft/

そんな生き方をしていきたい。

 

ベトナムでは美味しいご飯が食べたい。

どんな素敵な出会いが待ってるか楽しみで仕方がない。